HOME > 

自動車を購入する時

自動車を購入する時や原動付き自転車を購入するには必ず必要になってくる保険があります。それは自賠責保険といわれている強制保険と呼ばれている保険です。この保険に入る事でお金を使いたくないと考えている任意保険にはいらない人でも、被害者の人が泣き寝入りをしないでもいいように事故にあった場合にも相手に対しての保険がおりるようになっているので自賠責は必ず大事な保険になっておりますので、国が必ず必要だと判断している保険になっているのです。
しかし、自賠責保険の場合は被害者を助ける事が一番重要になっているので対人賠償に限られて支払いが行えます。
なので相手の車を壊したり、壁を壊したりした場合には自賠責保険は使えませんので、その補償を行うには自分の蓄えている貯蓄だけではしはう事が出来ませんので任意の保険などに別口で加入しておく事が大事になってくるのです。

自動車保険車に乗っている人はこの自賠責保険に加入している事が大前提になっているのです。なのでもし加入していない場合には罰金を強いられる事になります。また加入しているい自賠責保険は車内に必ず乗せておく必要があります。車検証とともに加入証明書を一緒にしておくと大事になってきます。車内に乗せていない場合も罰金の対象になってくるので、掃除などを行った場合でも初めに車内に乗せておくべき物は確認しておく事が大事です。
有効期限が過ぎている場合でも罰金か酷い時には懲役も課せられる事もありますので忘れていた、うっかりしていた、お金が無かったなどの悪気がなかった場合の弁解などは全て通用しません。車の車検を受ける場合には自賠責保険に加入していないと車検を受ける事も出来ませんので気を付けましょう。

自動車の保険としては自賠責保険以外にも自分の感覚で入れる保険があります。それは任意保険になってまして、自賠責だけでは足りない補償をこの保険を使って補強するのです。ほとんどの人がこの任意保険に加入をして相手への賠償金を支払えるようにしたり自分の車を直したりする時に使用できる保険内容になっていることがほとんどになっているのです。
安心感が加入しているのと加入していないのでは全然違うのです。

[PR]人気サイト
http://www.axa-direct.co.jp/auto/

このページの先頭へ

HOME >